長年の夢だった飲食店を低予算で開業する方法

スーツの人

会社を手放す際の心得

会社売却に当たっては、まずDCF法などの手法を用いて会社の価値を客観的に把握したうえで買主を募ることが重要です。また、事前に会社に関する重要書類などを準備しておくとデューディリジェンスにスムーズに対応することができます。

クレジットカード

オンラインで店を持つなら

オンラインの店はお客様を拡大させるための、もっとも有効的な手段ですが、注文してから届くまで時間がかかるのが問題です。その時間を少しでも短縮させたいなら、リアルタイムで購入の確認ができるクレジットカード決済を利用しましょう。

営業許可以外の許可も必要

レディ

保健所で相談を

飲食店を開業するには、保健所や市町村などの許可が必要です。飲食店関連の各種許可は非常に種類が多く、1軒の飲食店を開業するために4種類から5種類もの許可が必要となることもあるほどです。そのため、開業前の事前準備段階で、必ず最寄りの保健所に相談に行き、開業するにはどのような種類の許可が必要なのかをチェックする必要があります。飲食店の営業形態によっては、必ず必要となる飲食店営業許可に加えて、菓子製造業許可や酒類販売許可などが必要なこともありますので注意が必要です。また、食品衛生責任者をどうするかも考えておきましょう。保健所に飲食店営業許可を申請するには、食品衛生責任者が必要です。飲食店を開業する場合には、食品衛生責任者資格をもっている人材を社員として雇うか、経営者自らが資格を取得するかのどちらかになります。資格を取得するのは比較的簡単なので、経営者が各都道府県の保健所などで開催される講習に出席して、あらかじめ資格を取得しておくとよいでしょう。集客をするための準備としては、駅前や繁華街など人通りの多い場所への看板の設置、街頭でのチラシの配布、新聞への折込チラシなどの方法を考えておくとよいでしょう。これらの方法は、比較的低予算で実施することができ、一定の効果が見込まれます。最近では、どこの飲食店もSNSを使った集客活動を行っているため、主要なSNSサイトのアカウントを取得したり、使い方を覚えておくなどの準備も必要です。

食器

開業までに食器を準備する

レストランやカフェ・居酒屋といった業種に関わりなく、飲食店を開業するには店に相応しい食器も必要です。食器を購入するには業務用食器の通販サイトを利用する方法に加え、開業コンサルタントを通じて購入する方法もあります。いずれも市販価格の半値以下という費用相場で購入できる事例が多く、開業資金も節約できます。