長年の夢だった飲食店を低予算で開業する方法

会社を手放す際の心得

スーツの人

会社のオーナー経営者にとって手塩に育てた自社の株式を売却することは大きな決断を伴います。しかし、年齢による体力の低下など様々な理由で会社売却を行わなければならない時は訪れることから、そのような場合にはしっかりと準備してなるべくスムーズに対応できるようにする必要があります。会社売却にあたっては、買主を見つけなければなりませんが、そのためにはまず自分の会社がどれくらいの価値があるのかを正確に把握すべきです。会社の評価手法には色々なものがありますが、よく用いられるものとしてはDCF法があります。これは会社が将来生み出すキャッシュフローを現在価値に割り引いて評価する方法で、利益の出ている会社の理論株価を算定する場合には有効です。もっとも、自分で計算したのでは客観性が担保出来ないことから専門家に依頼して計算してもらうのがよいでしょう。その上で買主を探すことになるのですが、その前に会社の計算書類や重要な契約書、社内規定や資産の一覧など買い手が確認したいと思うような資料についてはひと通り用意しておくことが重要です。会社の実態を見ずに買いたいという買主はいないはずですので、通常の会社売却事案では買い手となる候補が出てきた後にデューディリジェンスと言われる会社の状況を確認する作業が発生します。これには、弁護士や会計士などの専門家が加わる可能性もありますので、そのような場合に迅速に対応できるようにしておきましょう。会社売却に当たっては事前の入念な準備が何よりも重要です。